若石リフレクソロジー とは・・・

読み方は 「じゃくせき」リフレクソロジーといいます。

「若石」というのは このリフレクソロジーを広めた 神父さんの台湾名です。
この神父さんは スイス人で布教活動のため台湾に来た時にリューマチになり、多くの医者と薬に頼りましたが、結果は実りのないものでした。
ある時 たまたま リフレクソロジーの本に出会い 足をもむことを実践してみると、驚くべきことに、数日にして効果があり、健康の喜びを感じたということです。

その後、若石神父さんは この方法を「若石健康法」と名づけ 現在では世界40ヶ国以上に広まっています。

「若石」は 訳すると 「石のように素朴な健康法」であるが「石のように磨けば光る健康法」という意味もあるそうです。

私は 施術は すべて手で行っています。
「石」という字が入っているので もしかしたら 「石」を使った施術では?と思われる方もいらっしゃいますが、違うんですよ。

私は お客様には 手で施術していますが、自分の足をもむときは 棒を使います。
自分の足には 力が入りにくいので 棒の方がよく効きますよ。
でも 青竹を踏む、ゴルフボールを踏むなど どんな方法でもいいので 足裏を刺激することは良いことです。 
例えば お風呂の中や お風呂上りに足をもんでみるということを 毎日少しずつでもしてみると健康にいいですよ。
特に ヒールやきつめの靴を履いた日は よく足の指を広げてあげて 足をいたわってあげてくださいね♪
[PR]

by reflexology-smile | 2008-07-09 23:23 | リフレクソロジー